({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年05月15日
シリーズ名焔は風の名の如く【ヒウリ・志郎編】
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数162
ジャンル
ファイル容量
57.75MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

霧刃の忍として信長を護衛する任務にあたっていた志郎。
しかし、なかなか武田軍の勢いは止まらず、あせり始める霧刃一族。
そんな中、志郎は次の任務・浅井朝倉討伐のため越前行きを命じられる。
そして2年後、信玄は病沈し、これを機に織田軍は一気に攻勢へ転じた。
そして霧刃は幾多のいくさ場を血の海に染め、いつしか残虐無敵の忍群に変貌していた。
たくましく成長し、霧刃の里に帰った志郎。だが、久々に戻った霧刃の里は、何か様子がおかしい。
師匠の宗仁へ報告するも、宗仁の様子も以前と違う…。

そう、志郎が越前に行っている間に、里では頭領が隠居し、狂気を帯びた宗仁が采配を奮っていたのだ。
さらに、志郎がいつからか想いを寄せていた露姫が、宗仁と結婚することを知る。
志郎は露姫に会い、姫の自分への想いを知り、志郎も自分の想いを告げる。
だが、そんな2人を引き裂くかのごとく、宗仁は信長討伐を掲げ、その立役者に志郎を指名するのであった。
この狂気に満ちた宗仁の背後に、あのヒウリの力が!? 

大好評を博した【小源太編】に続き、本編は志郎にスポットを当てた
もうひとつの壮絶な《ヒウリ》ストーリー! 第3巻(シリーズ全8巻)!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「焔は風の名の如く【ヒウリ・志郎編】(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件