({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年06月24日
シリーズ名ヒウリ【小源太編】
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数232
ジャンル
ファイル容量
81.87MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ゲンの武器であるカマにヒウリの力が宿り、その力が暴発すれば
ゲンには抑えることができないほど危険な状態になっていた。
しかし慈風道人の能力によって、その力はゲンでも扱えるように適度に鎮められた。
そのカマは《毘沙鎌》と名づけられ、ゲンたちのヒウリを追う旅は続くのであった……。

《毘沙鎌》の噂を聞きつけた他の忍者一族はさっそく、《毘沙鎌》を手に入れるため動き出した。
当然、霧刃一族も《毘沙鎌》を狙っていた。ある夜、姫丸の前に霧刃の刺客が現われる。
剣を交えたその敵はかなりの強者で、どこかで見覚えが…? 
それは姫丸の幼なじみで、忍者として独り立ちするために丙賀を出て行った女・小鈴だった! 

よりによって霧刃にいるとは…。
昔は同じ里でともに修行に励んだ良きライバル同士が、いまは互いに敵となり殺し合わなければならない。
姫丸に与えられた辛い試練…。そして静寂の夜に2人の決戦が始まろうとしていた…! 

伝説の神獣・ヒウリを追い、その力を手に入れようとする忍者たちの戦いを描いた
壮大なシリーズ冒険活劇、《小源太編》第4巻(シリーズ全8巻)!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ヒウリ【小源太編】(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件