電子書籍 > オフィス漫 > 風のたてがみ(4)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年06月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数192
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

狼に変身する能力を持つ少年・蒼(そう)。
しばしば獣となって暴れ狂う自分の肉体を、彼は呪わしく思っている。
だが、いつでも蒼を信頼し、一緒に生きていくつもりの少女・羽純(はずみ)は、決して彼を見捨てない。
2人は絶望感と闘いながら、人狼の謎を追う旅を続けていた。
ある町で狼と化し、廃屋で人として目覚めた蒼。
かたわらにいた少女・日向子は奇妙な絵を描き、それをパパに渡して欲しいとせがむ。
そうすれば、パパはきっと迎えに来てくれるから、と……。

絵を見た父親の態度に疑問を感じた蒼。急いで廃屋へと戻るが、日向子はどこにも見当たらない。
奇妙な絵は、哀しい事件を予言していたのか(「聖夜の魔法」)。
人狼一族の秘密にふれた蒼と羽純は、危険な力を秘めた石「サンセットストーン」を入手した。
二人の絆をもてあそぶ美女・真神桜子は何故か石の魔力を熟知しており……(「風の血族」)。
人獣の境をさまよう幻想怪奇サスペンス、シリーズ第4巻(全6巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035757
ファイル名/ファイル容量
BJ035757.zip / 63.51MB (66599414Byte)

風のたてがみ(4)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「風のたてがみ(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件