({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年06月09日
シリーズ名風のたてがみ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数192
ジャンル
ファイル容量
62.98MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

人狼の血をひいた少年・蒼(そう)と、彼の苛酷な運命を共に乗り越えようとする少女・羽純(はずみ)。
放浪を続ける2人は、横浜へとたどり着いた。
そこで出会ったのは人を喰う化け物じみた黒い狼と、それを倒そうとする少年・基(もとき)。
基の家に世話になり、黒狼との戦いにかかわった蒼と羽純は、
この事件が自分たち2人の未来を暗示していることを知り慄然とする。
獣性そのものを塗り固めたような黒い獣は、基の恋人・青玉(チンイー)の体から飛び出したものだった。

青玉もまた人狼の一族であり、野獣を潜在意識下に封じ込めることができなかったのだ。
両者は表裏一体であり、黒狼を傷つければ、青玉も傷ついてしまう。
羽純は彼女を救う妙案を思いつくが……(「失われた封印」)。
羽純の旧友から届いた一通の手紙。それは歪んだ愛情を秘めた、恐ろしい事件の幕開けだった(「星から来た少年」)。
名作ダーク・サスペンス、第3弾(全6巻)!! 連載時のカラー原稿も追加!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「風のたてがみ(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件