({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年06月19日
シリーズ名朝太郎伝
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数206
ジャンル
ファイル容量
83.17MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

四国制圧のために土佐に乗り込んで勢力を振るう夜叉神会に対して、帰郷した朝太郎を先頭に、
黒流会、ひょうたん会の残党総勢1200名は敵撃破を誓う。
朝太郎の奇策により土佐にのさばる夜叉神会軍団を撃破し、
そのヘッド・釆女勘十郎とのタイマン勝負も打ち勝ち、土佐に平穏が戻る。
だが、夜叉神会は大阪を本拠地として全国に勢力を拡大している巨大組織であった。
このまま一気に大阪へ攻め込もうと意気込む仲間を制止し、朝太郎は土佐をかためたほうが得策だと判断した。
そこへ頼もしい兄弟助っ人、獅子王と鯱丸など強力な兵隊も登場し、決戦に向けて万全の体制を整えていた……。
朝太郎の男をかけた最終決戦の火蓋が切って落とされる!! 
70年代後半に人気を博した熱血任侠漫画、いよいよ怒濤のクライマックスの最終巻(全11巻)!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「朝太郎伝(11)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件