電子書籍 > オフィス漫 > 朝太郎伝(3)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年06月10日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数194
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

丹寅朝太郎は、無鉄砲だが無邪気で明るい中学1年生である。
大風の日に起きた石油タンカー炎上事故をたったひとりで救った朝太郎は、街を守った英雄として讃えられる。
敵対していた黒流会のヘッド・久鬼丸は、朝太郎を自分の傘下に入れようとするが朝太郎は聞き入れない。
そこで自分にとって邪魔な存在のひょうたん会の影麿をつぶすため、闇討ちを仕掛け、幼い息子と暮らす影麿の寝込みを襲い、ダンプカーを家に突っ込ませる。
冷酷で汚い久鬼丸のやり方に怒りが爆発した朝太郎は、果たし状を出し、対決の場である五台山へと向かった。
一方、かつて黒流会に属した政も、ひょうたん会の残党を招集し、朝太郎の後を追うのであった。
70年代後半に人気を博した熱血任侠漫画、第3巻(全11巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035734
ファイル名/ファイル容量
BJ035734.zip / 65.8MB (68998646Byte)

朝太郎伝(3)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「朝太郎伝(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件