電子書籍 > オフィス漫 > 怒濤の最狂戦士 睡魔くん(2)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数176
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

美貌の青年将官・ケツカルは睡眠を第一に考える惑星「GOO(グー)」の住人。
愛するブリリヤン王子の危機を救った今、心安らかに惰眠をむさぼれる……はずだったが! 
肌に合わない化粧品のせいで、甘いマスクに吹き出物ができてしまった。
おちおち寝てもおれず、かつての仇敵(今は友人)モカスキーニたちと共に、怪しげな病院「黒い塔」の門を叩く。
細面の美形ドクターはこころよく一行を迎え入れるが、
そこで待っていたのは妖しく危険な診察だった(「STAGE;6」)。

ある日、地球の古い流行歌を聴いていたケツカルは唐突に思いついた。「1960年代の東京へ行こう!」。
その時代は全盛期のグループサウンズに夢中な人々がいっぱいいる。
彼らの精気を分けてもらえば、お肌ツヤツヤ、美容効果もばっちりなはず……。
アンチエイジングを目標に、時をさかのぼる旅が始まった(「STAGE;7」)。

美青年ぞろいのドタバタ&ハレンチコメディー、美を追求する魅惑の第2巻(全4巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035726
ファイル名/ファイル容量
BJ035726.zip / 72.45MB (75970786Byte)

怒濤の最狂戦士 睡魔くん(2)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「怒濤の最狂戦士 睡魔くん(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件