電子書籍 > オフィス漫 > 夜叉鬼想伝(3)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数168
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

異界からの来訪者・鬼は、徐々に都を侵し始めた。
帝の理解のもと、人と鬼が争わずに共存できた時代は終わろうとしている。
かつては人間としての情愛を持ち、「薫衣の君(くぬえのきみ)」という名をもらった男も、
いまや冷徹な眼を持つ魔物と化してしまった。
彼に付き添う一つ眼の少女「みづは姫」は、京で起きた混乱が鬼の総帥「義童」の復活によるものだと看破する。
だが、人界に舞い戻った義童は、かつての優しさを失い邪気の塊りとなった。
欲望のままに暴走し、大きな争いを起こさないとも限らない。
鬼とその眷属に黒雲のような不安が広がってゆくが……? 
平安時代を舞台にした大河ファンタジーロマンス、シリーズ第3巻!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035721
ファイル名/ファイル容量
BJ035721.zip / 66.33MB (69556231Byte)

夜叉鬼想伝(3)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夜叉鬼想伝(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件