電子書籍 > オフィス漫 > 激濤(3)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年02月27日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数166
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

1983年5月26日正午。日本海中部沖地震。被害者と残された家族に追跡取材を続ける杉村。
今彼は、犠牲者である滝本酒店の滝本喬の妻・幸子とともに、喬の当日の足どりを追っていた。
追跡調査の結果、地震の当日は男鹿半島の竜ケ島というポイントで、
釣具店で合流した門田とともに磯釣りを楽しんでいたらしい。
現場の状況から、高台まで50~60メートル。
津波の発見が早ければタッチの差でそこへ逃げ延びることが可能であったが…
喬は何らかの理由で寸前まで津波には気づかなかったようだ。
幸子と会話を進めていくうちに、杉村は重大な事実に気がつく。
果たして、喬の身に起こったこととは……!?
津波に巻き込まれたものと残された家族。そしてそれらの現実を追跡調査により追い求める者。
釣り人であり漫画家の矢口高雄が、自然の厳しさと生命の尊さを真正面から描き出した鎮魂歌。全4巻。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035312
ファイル名/ファイル容量
BJ035312.zip / 94.79MB (99398611Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「激濤(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件