電子書籍 > オフィス漫 > 激濤(2)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年02月27日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数188
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

この日、滝本酒店は久しぶりの休日だ。新婚3か月の幸子とその義母は、
喬(たかし)が釣りに出かけたので、2人のんびりと休日を満喫していた。
正午。激しい揺れが2人を襲った。店の商品は棚から落ち、
台なしとなったが、幸いなことにケガはなかった。が、テレビをつけてがく然とする。
「磯釣り中の釣り人の行方不明も相次いでいる模様…」。
喬から連絡のないまま、時間だけが過ぎて行く。
しびれを切らした幸子は、おじとともに夫を探しに男鹿半島へと向かった……。
1983年5月26日正午。日本海中部沖地震。マグニチュード7.7、震度5。
地震直後の大津波により104名もの尊い命が失われた。その中には12名の釣り人がいた。
津波に巻き込まれたものと残された家族……。釣り人であり漫画家の矢口高雄が、
自然の厳しさと生命の尊さを真正面から描き出した鎮魂歌。全4巻。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035311
ファイル名/ファイル容量
BJ035311.zip / 105.27MB (110384551Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「激濤(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件