電子書籍 > オフィス漫 > 沙鬼霊異譚:3 返しの疾風(かやしのかぜ)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月11日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数180
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

山奥の森の中。必ず何本かはある葉もなく白く枯れ果てねじれて立つ木。
その木の下には恨みや絶望、呪いを胸に抱えた人間の体が埋まっているという…。
そんな不気味な樹木の下で、目のない謎の黒い獣に襲われた広恵。
瀕死の重傷を負ったところを沙鬼に助けられる。
この透野村では、同じような事件が1か月に6件も続発しており、決まって16歳の娘であった。
沙鬼の母親代わりであり、巫女を生業としている汐留の婆サマは、この話を沙鬼から聞き、すぐに不気味なあの樹木の立つ場所まで案内させた。
その木の幹には、無数の「呪詛釘(のろいくぎ)」の跡が…。
そして婆サマの口から、透野村にそのすさまじい呪いの術で名を馳せた巫女「五鬼の姫」の伝説が語られるのであった…。
炎のような赫い髪、淵よりも碧い瞳を持つ美少年・沙鬼。
人は彼を鬼の子と呼ぶ。奇才・伊藤結花理が放つ本格ミステリーホラーシリーズ、感動のクライマックス!! 
第3巻(全3巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035240
ファイル名/ファイル容量
BJ035240.zip / 86.96MB (91189257Byte)

沙鬼霊異譚:3 返しの疾風(かやしのかぜ)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「沙鬼霊異譚:3 返しの疾風(かやしのかぜ)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件