電子書籍 > オフィス漫 > 沙鬼霊異譚:2 影喰い(かげくい)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月11日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数174
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

吹雪の夜。おかだ屋に現われた美少年・沙鬼は、
偶然出会った桐谷龍生の短くなった影を見るなり、あと2~3日の命だと死期を言い放つ。
彼にまとわりつく真っ黒いものが影をなめているらしい。
その影がすべてなくなったときが龍生の最後なのだ。
助けてくれと懇願する龍生に、沙鬼は静かに忠告する。
「お前の夜具を調べてみな。ただしかみさんに見つかるなよ…」。
帰宅すると龍生の妹・まゆ子が、怪しい虫にかまれ、寝込んでしまう。
熱にうなされるまゆ子の前に、突然現れた沙鬼。
治療してくれた沙鬼に、まゆ子は龍生の妻・比左子に対する、ある違和感を打ち明けるのだった…。
炎のような赫い髪、淵よりも碧い瞳を持つ美少年・沙鬼。
人は彼を鬼の子と呼ぶ。奇才・伊藤結花理が放つ本格ミステリーホラーシリーズ、第2巻(全3巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035239
ファイル名/ファイル容量
BJ035239.zip / 87.08MB (91311240Byte)

沙鬼霊異譚:2 影喰い(かげくい)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「沙鬼霊異譚:2 影喰い(かげくい)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件