電子書籍 > オフィス漫 > 夏の球児たち(4)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年05月14日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数202
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

激闘の甲子園予選大会1回戦から1年…。
一丸となって練習に励んできた選手たちは、著しく成長を遂げていた。
そんな葉月高校が、前年度甲子園大会出場、3試合で55奪三振の記録を持つ
寒崎洋司率いる栄光高校と練習試合を行うことに…。
完全にナメてかかる栄光は、先発に控え投手を起用。
葉月ナインは、あっという間に2点を奪い先発をノックダウン。
早くも寒崎をマウンドに上げさせる。

自らF1ボールと名づけた剛速球で相手をビビらせるはずが、
いきなりバットに当てられ呆然とする寒崎…。
しかし、試合が進むにつれ松岡に異変が…。
実は古傷を持つ松岡の肩は4回までしかもたないのだった。
5回についに栄光に逆転されてしまった葉月高。そして夏が立ち上がった! 
甲子園という夏の、松岡の、みんなの夢への道が今開かれた! 

爽快高校野球マンガ、最終巻(全4巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035234
ファイル名/ファイル容量
BJ035234.zip / 101.47MB (106395499Byte)

夏の球児たち(4)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夏の球児たち(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件