電子書籍 > オフィス漫 > 愛鍵

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年06月30日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数188
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

合鍵。信頼と愛の証。同じ空間と秘密を共有する者を、つなぎとめておく魔法のアイテム。
だが、それを持つ手に悪意が混じれば、恐ろしい武器にもなってしまう。
小さな鍵は人間の愛憎をどのように封印し、あるいは解き放つのか? 
スペア・キーをめぐる連作短編集、全4話をお楽しみいただけます。

<収録作品あらすじ> 
若く美しい継母を見るたびに、女子大生・萠子の胸には暗いサディズムが押し寄せる。
ありきたりの意地悪では駄目だ。もっともっと、激しい苦悩に悶えさせてみたい……。
彼女が用意した合鍵は、背徳という名のドアを開ける(「女の扉」)。

アンティークショップで社長の片腕を勤める美波は、商品に嫉妬をおぼえる毎日。
社長はロマンを追い求める魅力的な男だが、その愛情は美しい骨董品にしか注がれないのだ。
やがて店の経営が破綻したとき、美波はおそるべき計画を実行に移し、扉の向こうでひとり微笑む(「抱きしめて…」)。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ035226
ファイル名/ファイル容量
BJ035226.zip / 103.06MB (108071079Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「愛鍵」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件