電子書籍 > 竹書房 > サーキットの狼 スーパーワイド完全版「幻の多角形コーナリング編」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年04月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数548
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

サーキットの狼スーパーワイド完全版第五巻「幻の多角形コーナリング編」。
流石島レース中盤、風吹裕矢は慣性ドリフトを進化させついに
「幻の多角形コーナーリング」を編み出す。
一流中の一流レーサーのみがマスターしているというその技で、
裕矢の駆るフェラーリ・ディノR.Sは次々に先行車をパスしていく。

しかし、この技はハンドル操作を少しでもミスするとたちまちスピンという、危険な技でもあった。
対して快調にトップを走るライバル早瀬左近は、天候の異変に気づき後続車とのタイム差を捨て
レインタイヤへの交換に勝負を賭ける。
長丁場で続発するマシントラブル、ドライバーの気力・体力は限界を超え
ますます荒れる流石島レース、いよいよ運命の後半戦に入った。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ034511
ファイル名/ファイル容量
BJ034511.zip / 119.44MB (125246779Byte)

サーキットの狼 スーパーワイド完全版「幻の多角形コーナリング編」の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「サーキットの狼 スーパーワイド完全版「幻の多角形コーナリング編」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件