電子書籍 > 竹書房 > 三国志 4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年02月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数253
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

少帝を廃し、陳留王・協を第14代皇帝とし、自ら相国の地位についた董卓は
後漢王朝の独裁者となり、残虐非道の限りを尽す。
洛陽を出奔した曹操は打倒董卓の檄文を各地に送る。
ついに反董卓連合軍が結成され、シ水関で激突する。
しかし、先鋒の孫堅軍に、劉備軍以外は誰も援軍を送ろうとはしなかった。
連合軍は必ずしも一枚岩ではなかった。自分たちだけは傷つくまいとしていた。
それぞれが思惑を秘め、虎視眈々と天下を窺っていたのだ。
戦いは董卓軍が押され気味になり、撤退。ところが、都の洛陽ではなく、長安に向かった。
その折、洛陽を焼き尽くし、住民たちにも長安への移住を強制する。
長安への遷都だった。この董卓軍に追撃したのはただ一軍。曹操軍だった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ033973
ファイル名/ファイル容量
BJ033973.zip / 42.33MB (44384330Byte)

三国志 4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「三国志 4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件