電子書籍 > 竹書房 > 三国志 3

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年02月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数254
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

董卓は少帝を廃し、陳留王・協を第14代皇帝とし、
自ら相国の地位につき、漢王朝の支配権を手に入れた。
暴政暴虐の限りを尽す董卓についに反旗を翻す反董卓軍が結成される。
曹操、袁紹、袁術、孫堅を中心にシ水関に集結。決戦の時が迫る。
その時、防壁の中から怒濤の勢いで騎馬隊が突出してきた。
凄まじい速さで疾駆し、獰猛な猟犬のような機敏な動きをする、恐るべき戦闘集団。
その先頭を駆ける者は鎧から具足まで全て黒で統一され、首に赤い布を巻いていた。
関羽、張飛との戦いにも一歩もひけをとらず、全身血で染めたような赤い駿馬赤兎を駆る男。
その名は呂布。三国時代随一の猛将の登場であった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ033972
ファイル名/ファイル容量
BJ033972.zip / 43.32MB

三国志 3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「三国志 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件