({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年04月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数196
ジャンル
ファイル容量
31.46MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

落ち着いたふるまいと柔らかな物腰、だけどちょっといけずな若旦那はいかがですか?
代々京都で花里流茶道教授をつとめる大島家。
その跡取りである千鳥は、留学先のアメリカ生活を満喫していたが、
母が主催する大寄せ茶会のために急きょ呼び寄せられてしまう。
仕方なく茶会を手伝う千鳥だったが、着慣れぬ着物が胸を圧迫し、
気分を悪くなして休んでいるところを犀内紬(さいうちつむぎ)がみかねて、帯を直してくれるのだった。
ホッと一息つくことができたところに「あんたちょかやな」と嫌味を言われてしまう。
「なんなのよ、あの人!」と思いつつ、なぜか気になる千鳥だった。
古今集に歌われる『夕暮れは雲のはたてに物ぞ思ふあまつそらなる人を恋ふとて』のように
思い人は遠く手の届かない場所にいるのか?それとも…。

★もり先生から一言:呉服屋の若旦那とのコイバナです。
京都を舞台に着物男子の格好良さをお伝えできればと思っております。【オヤジズム】

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「あまつそらなる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件