電子書籍 > オフィス漫 > ローティーンブルース(7)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年03月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数208
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

その子の母・千恵は、真吾の父・大二郎と幼なじみであった。
大二郎は、その子と真吾が別れれば、真吾のフィアンセのいる六島家から巨額の融資が受けられる。
一方、千恵は店の借金の返済のため、2人を別れさせば金がもらえる。
双方の勝手な利害が一致し、その子と真吾は引き裂かれることに……。
しかし六島家からは、融資は中止、真吾との婚約の話も解消して欲しいという一方的な話を突きつけられる。
希望を失った、大二郎の元に来たのは財産の差し押さえ、理事長の解任……
事態は最悪の方向へと転じていくのであった。
その子と真吾は、何とか父の再建を後押しするために、尽力する。
そしてその過程で、吾妻グループを追い込んでいる黒幕がついに判明する! 
望月あきら先生が描く最高傑作、禁断&感動の愛のストーリー、第7巻(全8巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ033071
ファイル名/ファイル容量
BJ033071.zip / 93.52MB (98059480Byte)

ローティーンブルース(7)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ローティーンブルース(7)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件