({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年05月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数190
ジャンル
ファイル容量
82.08MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

髪をピンクに染め、ろくに学校にも行かず自分の好きなように自由奔放に生きる岸辺野ばら。
そんな野ばらとは対照的に、マジメで成績優秀、規則も守って毎日学校に通う上荻佑子。
佑子は野ばらに対して、コンプレックスにも似た感情を抱いていた。
あたしのほうが《いい生徒》なのに、何でバラが似合わないの!? 

ある日、佑子は先生のお使いで、届け物をしに野ばらの家へ寄ることになる。
野ばらに会って話をしてみても、絶対友達になんかなれるわけないと思っていた佑子だったが、
気づけばなぜか親友みたいな関係になっていて…!? 
一見、まるで共通点のなさそうな女の子2人が、実は似たもの同士でやがて親友関係になっていく。

そんな、ちょっぴり奇妙で不思議なエピソードを描いた表題作の他、「ロミオとジュリエットの校則」、
「マサコ先生のお気に入り」の全3編を収録した短編集!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「もう学校へなんかいかない」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件