電子書籍 > オフィス漫 > マタギ(4)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年03月11日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数246
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

マタギにも武道と同じく流派がある。
三四郎のいるレッチュウは、阿仁の本家・重野流だが、
シカリ(長)からそのほかに2つの流派があると聞き、
そのそれぞれの流派の昔話を三四郎は聞かされた。
…絶滅したはずの小玉流がひょっとしたらまだあるのではないか、
と予測したシカリは三四郎を不入山の奥へと調査を依頼した。
…そう、そこは人呼んで《行者返し》。だれもが驚くそれほどまでに険しい場所。
そこへ三四郎はひとり向かうのであった。
…そして、三四郎が《行者返し》で遭遇したのは、まるで監視するようにつきまとう猿。
そして怪しく動く黒い影。さらには長い女の髪が…まさか小玉流というのは…!
矢口高雄先生がお贈りする大自然の中に生きる人々、そして生命をテーマにした壮大な物語。
第五回日本漫画家協会賞大賞受賞作。完結(全4巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032951
ファイル名/ファイル容量
BJ032951.zip / 102.19MB (107156392Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マタギ(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件