電子書籍 > オフィス漫 > マーダーライセンス牙(12)

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年02月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数192
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

木葉優児、またの名を牙。マーダーライセンス(殺人許可証)を持つ彼は、
日本国内の治安が乱れる中で、凶悪な犯罪者たちと闘うためなら殺人さえも許可された男。
実の父親である内閣総理大臣・板垣重正の影となって、犯罪組織に毒牙を剥く! 

ソ連のゾルバチョフ大統領の来日に先立って、先遣隊のサラソフとイグチェンコがやって来た。
武器輸出規制に反対する組織により、米国で重傷を負った板垣総理の代理で親善パーティーに優子の姿で出席した牙は、
突然イグチェンコから襲われる。難なくイグチェンコを倒した牙の前に、九鬼妖介が姿を現した。
優子を我が奴隷にすると言い放つ妖介は、《木葉流空蝉》を簡単にかわすのだった。
反撃を食らい睡眠薬を打たれた牙は、優子の姿のまま妖介に拉致されてしまう! 
九鬼の狙いはいったい…!? 
バイオレンスアクション大作のファーストシリーズ、第12巻(全22巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032936
ファイル名/ファイル容量
BJ032936.zip / 92.45MB

マーダーライセンス牙(12)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マーダーライセンス牙(12)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件