({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月15日
シリーズ名蒼太の包丁
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数233
ジャンル
ファイル容量
104.27MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

蒼太を慕って、幼馴染みの吉屋純子が北海道から上京してきた。
“富み久”で仲居として働き始めたが、仕事に不慣れなため失敗の連続――。
常連客の近藤が忘れていった携帯電話に気づきながら、
用事が立て込んでいたこともあって、そのまま物入れの陰に置いてしまっていたのだ。
「接客サービスは女将の責任」と、近藤への携帯の返却を買って出る“富み久”の女将・富田キクヨ。
純子も同行を志願し、その帰りにキクヨからあんみつをご馳走になる。
が、あんみつが苦手な純子は――?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「蒼太の包丁 6」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件