({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年02月14日
シリーズ名サインはV!
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数186
ジャンル
ファイル容量
71.08MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

全日本女子バレーボール選手権大会、最終日。
立木武蔵VSニチボーの頂上決戦は、意外な展開の連続となり観衆をどよめかせていた。
立木の朝丘ユミが使った必殺サーブ「いなずまおとし」は、
ニチボーの椿麻里によって完璧にリターンされてしまったのだ。
さらに、椿は必殺サーブを寸分たがわぬ切れ味で再現するという、離れ業さえもやってのけた。

その後もニチボー陣営は巧妙な心理戦を仕掛け、立木武蔵を翻弄する。
いつのまにかエースのユミは心身ともに消耗し、チームの足を引っ張る存在へと堕ちてしまった。
立木チームの合言葉であり、牧コーチと共に掲げた勝利の「V」は、ここで消えてしまうのか?
だが万策尽きたと思われたその時、再びコートに立つはずのない人物が帰ってくる。
そして物語は感動のラストシーンへ……。

バレーボールに青春を賭け、力の限り戦い抜いた乙女たちのストーリー。
望月あきら&神保史郎による熱血スポーツドラマ、全9巻がここに完結!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「サインはV!(9)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件