電子書籍 > オフィス漫 > ゼロ戦夏子(2)《啓蟄の翔》

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年01月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数244
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昭和20年8月15日正午、天皇陛下の玉音放送によって戦争終結、
すなわち敗戦が国民に告げられ、戦後の混乱時代が始まった。
愛する夫、そして命の恩人・長谷老人の死は何だったのか? 
涙も枯れて、やり場のない怒りがこみ上げる夏子。

一方、夏子の仇敵である中須賀は、軍の食料物資を
トラックごと奪って東京へと向かおうと企んでいた。
それを知った夏子は中須賀を追い、実家のある東京へ舞い戻ったのだが、
そこで目にしたのは変わり果てた街の姿だった。

そして、夏子はかつて父の剣道道場の門下生で、
今はヤクザとなった朝熊と再会し、両親の死を知らされる。
ショックを受ける夏子だったが、ひとりで生きていくため、
そして中須賀に復讐するために自立していくのであった…。

戦中と戦後の混乱期を生き抜いたひとりの女の復讐と義侠心の壮絶な物語、第2巻(全6巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032406
ファイル名/ファイル容量
BJ032406.zip / 97.55MB (102284335Byte)

ゼロ戦夏子(2)《啓蟄の翔》の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ゼロ戦夏子(2)《啓蟄の翔》」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件