電子書籍 > オフィス漫 > ゼロ戦夏子(1)《雲海の翔》

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年01月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数244
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昭和20年、敗戦の色濃い鹿児島基地で若い男女の悲しい別れがあった。
特攻隊員の妻・夏子は、結婚してわずか1週間後に夫の特攻隊の出撃が決まった。
涙で夫を見送った直後、基地内で鬼畜・中須賀少佐に捕まり、部屋に連れ込まれ犯されてしまう。
夫が特攻で散ったまさにその時に、こんな辱めを受けるなんて…!!
夏子は自殺を謀ろうとするが死にきれず、倒れていたところを老百姓の長谷に発見され、助けられた。
長谷家で老人とその娘に世話になることになった夏子は、夫の最後の言葉「執拗に生きろ!」を思い出し、
深い悲しみと憎しみを背負いながら、生きていく決意をする。
戦中と戦後の混乱期を生き抜いたひとりの女の復讐と義侠心の壮絶な物語、第1巻(全6巻)!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032405
ファイル名/ファイル容量
BJ032405.zip / 99.7MB (104545168Byte)

ゼロ戦夏子(1)《雲海の翔》の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ゼロ戦夏子(1)《雲海の翔》」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件