({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年03月21日
シリーズ名たけし君の純情-アポロが月に行った頃-
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数204
ジャンル
ファイル容量
69.99MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昭和44年、アポロ11号が月面着陸を行うというニュースで持ちきりだった時代。
これは酔いどれ作家:みやたけし、本名:宮野たけしが小学5年生だったときの物語である。
ふるさと四国・銀平町では、戦没者を弔う燈籠流しが行なわれていた。
そこでたけしは、クラスメイトの沢村かず子を見つけた。
彼女の父も戦没者だ。たけしのおじの清助は巡洋艦の大砲を磨いていて滑って落ちて、死んだ。
たけしの考える《かっこいい死に方》が出来なかった清助おじさん。
そんなたけしにかず子は「かっこいい死に方などない」と言い放つ。
正論をつきつけられ、たけしはふにおちずムカムカしていた。
だって子供だったから…。みやたけし先生がお贈りするノスタルジック・ヒューマンドラマ、第2巻(全4巻)!
古きよき時代《昭和》を舞台にした、
懐かしい話から思春期の少年の《憧れ》までを赤裸々につづった少年・たけしのストーリーをお楽しみください!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「たけし君の純情-アポロが月に行った頃-(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件