電子書籍 > オフィス漫 > おらが村(4)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年04月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数198
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

東北地方の天蓋を支える奥羽山脈、そのふもとのとある盆地に、緑に囲まれた小さな村がある。
わずか四十戸ほどのその集落は人口減少から発生する諸問題に悩み、
折に触れて時代とのギャップを意識せざるを得ない。
だが、なんと言われようとここは「おらが村」。
この場所を離れては生きてゆけない、そう感じさせる何かがあるのだ……。
温厚篤実な高山一家を物語の中心に据え、
美しい四季の風物を交えて描き込まれてきた「おらが村」シリーズ、第4幕。
厳しい冬の間に起きた悲しい事故や、苦しみ抜いたあげくの別れ。
それら諸々の出来事をのみこんだ雪は、今ようやく溶け出そうとしていた。
高山家長男・政信にも、とうとう添い遂げるべき相手が現われた。
唯一の問題は母親・信江が乗り気ではないこと。
春のぬくもりは、彼女の気持ちをも緩めることができるのだろうか。
農村を舞台にした情感溢れる人間ドラマ、矢口高雄先生の壮大なライフワーク作品!
オープニングシリーズがついに大団円!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032117
ファイル名/ファイル容量
BJ032117.zip / 72.16MB (75665848Byte)

おらが村(4)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おらが村(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件