電子書籍 > オフィス漫 > カイジ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年02月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数204
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

その昔、明の国(現在の中国)の西のはずれで起こった戦争で、
ひとつの村が一宇も残さずに焼き尽くされた。
誰一人として生きうるはずのない焼け野原で、一人の少年が生きていた。少年の名はカイジ。
一頭の虎と一緒にさまよい歩いているところを峨竜斉という男に拾われ、虎のバギと共に日本に渡る。
それから数年の間、カイジは明国にいた時の記憶がないまま、
峨竜斉から刺客としての技を教え込まれ、《影龍》の一員となった。
その後のカイジは、峨竜斉の指令ならばどんなことでも従い、
刺客として惨忍な暗殺を繰り返していった。
己にいくら力があろうとも、天下取りなどに興味はない。
ただ刺客として師匠の指令に従い敵の首をとるのみ…。
だが、そんな暗殺稼業を繰り返していく中で、徐々にこの殺りくの日々に疑問が生じてくるカイジは、
ふとしたきっかけで失っていた過去の記憶の断片が蘇ってきて…!? 

戦国の世に暗躍する影の刺客たち、カイジの壮絶なストーリー!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032106
ファイル名/ファイル容量
BJ032106.zip / 83.97MB (88047935Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「カイジ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件