電子書籍 > オフィス漫 > がくらん海峡(1)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年03月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数214
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

北九州・小倉。我が男道を突っ走る芭蕉林太郎の父は、
南部京兵への復讐に33年間、命を燃やし続けていた。
そんな父も今や病床の身。林太郎は、あふれる若さ故、父を理解できないでいた。
「男の夢が復讐やなんて…哀しかど…」。
一方、日本政財界の黒幕と呼ばれる南郷力也の九州入りすることになった。
この一報は、復讐にかられた様々な男たちを南郷が降り立つ小倉駅へと集結させることになった。
ひとりは沖組の二代目・陣九郎。そして地獄の炭鉱から生還した人斬り鉄蔵。
「きゃつこそ我が宿敵、南部京平!!」とそして余命幾ばくもない林太郎の父も、
この一報を聞きつけ小倉駅へと馬を走らせていた。そして父を止めるべく林太郎も!!
中島徳博先生がお贈りする熱き男の魂がほとばしるバイオレンス・ロマンの傑作!第1巻(全5巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ032089
ファイル名/ファイル容量
BJ032089.zip / 84.41MB (88512564Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「がくらん海峡(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件