({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年04月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数148
ジャンル
ファイル容量
52.11MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ブルーグレーの瞳に独特の雰囲気を持っている庭師、彼の名はフローリアン岡本・25歳。
師匠の忘れ形見である双子と共に、なごやかに暮らしている。
仕事で久我家の庭を手入れすることになったが、そこで見たのは伸びに伸びまくった雑草と病んだ樹木たち。
さらに、それに負けないくらい荒れ果てた少女の心。
久我家の娘・雅は徹底した菜食主義で、さらに虚言癖を持ち、数少ない友人にも心を閉ざしていたのだ。
庭師は自分が思った言葉をストレートにぶつけ、雅の心にも変化が芽生えるのだが……。
またある時は、フローリアンが向かった先は森に囲まれた西洋館。
そこに樹による「ラビリンス(迷路)」を作ってほしいと懇願したのは、15歳の少年・黎明(れいめい)だった。
久我家のケースと同じく、黎明もまた心に傷を負っていて他人を寄せ付けない。
緑色の迷宮に託された想いとは?
不思議な庭師が創り出す、安らぎに満ちた3つの連作ストーリーをお届けいたします。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ガーデン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件