({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年10月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数204
ジャンル
ファイル容量
50.65MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

学問の意義とは何か? 大人に改めて読んで頂きたい慶應義塾大学を設立した福沢諭吉の評伝劇画!
──天保五年、中津藩の家臣の子として生まれた
福沢諭吉は少年時代から学問に親しみ、若くしてひとかどの蘭学者に成長していた。
ある日、横浜へ見物に出かけた諭吉は自分が学んだオランダ語が
全く使われておらず、会話も看板の字も英語ばかりである事に衝撃を受ける。
世の中の移り変わりと英語の必要性を痛感した輸吉は英語の習得を決意するが、
当時の日本では英語の参考書や辞書を入手するのはほぼ不可能だった……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【劇画】慶應義塾大学 」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件