電子書籍 > 日本文芸社 > 江戸前の旬 27

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数223
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

銀座柳寿司三代目・柳葉旬(やなぎば・しゅん)が開店準備をしていると、
父・鱒之介(ますのすけ)に会いに来た老婦人・倫子(のりこ)が入ってくる。
倫子は鱒之介を待っている間に、旬にイカづくしで握りを注文する。
旬は細工を施したイカの握りを4種類作り、倫子はそれを塩とすだちで食べて、
「さすが親方の息子さんだ」とほめる。
倫子は、鱒之介のライバル的存在だった清瀬(きよせ)の奥さんであり、
鱒之介に旬をしばらく預けて頂けないかと頼んできた。
倫子の真意とは……!? 金沢に遠征した旬が、加賀前鮨「清瀬」のピンチを救う!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027784
ファイル名/ファイル容量
BJ027784.zip / 47.25MB (49542135Byte)

江戸前の旬 27の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「江戸前の旬 27」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件