電子書籍 > 日本文芸社 > 江戸前の旬 20

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月05日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数227
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

画家であり詩人であり、かつ美食家の阿部(あべ)は、
契約する出版社を決めるお茶会を毎年行っていた。
銀座柳寿司三代目・柳葉旬(やなぎば・しゅん)の姉であり、
料理雑誌の編集をする真子(まこ)は、そのお茶会に招待され、
ある御茶碗に合う御飯物を持っていくという課題を出される。
真子は旬にその椀でちらしを作らせるのだが、
旬は茶道を嗜む阿部がわざわざ茶室でこの茶碗を出したのは、
お茶に関係するからではないかと話す。
その時、真子がひらめいて出かけた先とは……!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027777
ファイル名/ファイル容量
BJ027777.zip / 46.92MB (49194570Byte)

江戸前の旬 20の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「江戸前の旬 20」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件