({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年12月02日
シリーズ名江戸前の旬
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数227
ジャンル
ファイル容量
47.35MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ヤクザの喧嘩を目撃した柳寿司三代目・柳葉旬(やなぎば・しゅん)。
翌日、そのヤクザ・成瀬(なるせ)が柳寿司にやってきて、
「バッケの握りはあるか」と聞いてきた。
旬の父・鱒之介(ますのすけ)によって、
バッケとは青森の方言でフキノトウのことだと判明する。
成瀬のことを気に懸けていた大家のお婆さんが入院し、見舞いに行った成瀬は、
バッケが食べたいというお婆さんの願いをかなえてあげようと考えていたのだ。
しかし鱒之介は、市場に出回るフキノトウは青森のものとは味が違うと話して……!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「江戸前の旬 16」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件