電子書籍 > グループ・ゼロ > クラウン・ゴール 第3巻

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年09月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数194
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

不老不死の一族の存続をめぐるシーンとイティアの確執の中、
滅びの象徴である弥美はイティアの標的となってしまった!
一方、己の可能性にかけるラーイは、聖者ハルシャのもとで修業を続けるが……。
日本・タイ・インドを駆け巡る、ミステリアス・ロマネスク!!

人間を食料とし、新生のため母体に利用し生き続けてきた不老不死の一族…。
その絶対的な長、シーンが新生の道具である人間――佳代子を愛してしまう。
そして、彼女は何故か双子を産み死んでいく。
双子に生まれたため、不完全体となった長に弥美を食べさせるべく一族は動き始めるが、
シーンはそれを拒み続け二人は日本を離れる。
やがて、一族の滅亡を望んでいることが明確となった長と存続を望むイティアの確執の中、
滅びの象徴である弥美はイティア側にさらわれてしまう!
一方、ハルシャのもとで力をつけたラーイは中国へ向けて出発するのだったが――!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027034
ファイル名/ファイル容量
BJ027034.zip / 50.53MB

クラウン・ゴール 第3巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「クラウン・ゴール 第3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件