電子書籍 > グループ・ゼロ > クラウン・ゴール 第1巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年09月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数192
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

平凡な高校生・弥美の前に現れた謎の男、シーン。二人は記憶を遡る。
不死の一族のさだめの中、生まれるはずのなかった双子の行方は…。
ミステリアス・ロマネスク! 今、運命が回り始める―――!!

世界の闇に生きる、不老不死の一族――。
彼らは、人間を食料とし、母体に利用して新生することによって永遠の時を生きてきた。
その絶対的な長、シーンは、新生の道具であるはずの人間――佳代子を愛してしまう。
彼女もまた、シーンを愛するがゆえ、道具としての存在を拒み、愛の証として双子を産み、死んでいく。
双子の一人は日本人夫婦に“弥美”と名付けられ、引き取られていった。
16年後、不完全体のままの長に、弥美を食べさせ完全体とするべく、一族は動き始める。
が、シーンは一族の存続を呪うかのように、それをためらうのだった。
そして車の事故に巻き込まれた彼は、炎の中に姿を消した――。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027032
ファイル名/ファイル容量
BJ027032.zip / 48.44MB

クラウン・ゴール 第1巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「クラウン・ゴール 第1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件