電子書籍 > グループ・ゼロ > 柔侠伝1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年09月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数350
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

起倒流柔術家・柳秋水は日本講道館柔道の創始者・嘉納治五郎に挑戦し
敗れた無念を一人息子・勘九郎に託した。
それからくる日もくる日も秋水と勘九郎の激烈な稽古が始まった。
過酷な修練は勘九郎が19歳になるまで続いた。
その後、秋水の命に従い、勘九郎は郷里の九州・小倉から東京へ。
起倒流師範・松柴久三を訪ねるため上京した日は明治38年6月×日・・・
おりしも日露戦争の勝利祝賀に沸き返る日であった。

明治から昭和にかけての激動の世相を背景に勘太郎、勘太郎、勘一、勘平の柔道一家・柳家4代、
足掛け100年余りの歴史を描いた壮大な大河ドラマである。
1970年から「漫画アクション」(双葉社)に連載された柔侠伝シリーズの1作目。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ027026
ファイル名/ファイル容量
BJ027026.zip / 88.26MB (92547392Byte)

柔侠伝1の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「柔侠伝1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件