電子書籍 > グループ・ゼロ > 星くずの詩1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年05月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数213
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

小さなタクシー会社で働いている金太。
同棲している洋子とはラブラブ真っ最中で、仕事も順調に行っている。
そこへ昔の不良仲間だった精二が訪ねて来た。
もう真面目に暮らしている金太は警戒するが、金をせびりに来たわけじゃないと、
精二は上手く取り入ってくる。
いつの間にか金太の家に居候し始め、昔の悪事を洋子にばらされたくなかったら金をよこせと言い出してきた。
仕事にも支障が出るようになった金太は、精二に貯金を全部渡して出て行ってくれと頼むが…。

街角で支えあって生きる男女の機微を描いた、珠玉短編集。
収録作「第1章 星くずの詩」以下「第2章 そしてすべてが…」「第3章 終着駅」「第4章 微笑みの中に」
「第5章 愛の軌跡」「第6章 逃避行」「第7章 虫の音」の全7話を収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ023107
ファイル名/ファイル容量
BJ023107.zip / 89.05MB (93373362Byte)

星くずの詩1の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「星くずの詩1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件