電子書籍 > グループ・ゼロ > おれのサーキット 6

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年12月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数195
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

予選第2ヒート。カウルとバイザーまで外して軽量化を進め、レースに臨む翔太。
直線でカウルにヘルメットを埋めて、空気抵抗を小さくする作戦もあった。
タイムを縮めることに成功した翔太は、2ヒートの2回目にタケルとマシンを取り替える。

タケルは翔太のマシンは、エンジンを替えないと二次予選は通れないと忠告した。
一次予選は、翔太と加奈も通過。
拓郎が帰宅し、翔太をワークスにスカウトしたいと明かした。
ただし「全日本二次予選で翔太が三位以内に入れば」という条件付であった。

拓郎の特訓を受ける翔太。
二次予選。
翔太は1ヒートで、トップのタイムをはじき出したが2ヒート目、荘に転がされ……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009866
ファイル名/ファイル容量
BJ009866.zip / 51.41MB (53910720Byte)

おれのサーキット 6の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おれのサーキット 6」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件