電子書籍 > グループ・ゼロ > おれのサーキット 3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年12月02日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数198
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

レースで優勝したものの、翔太の両親は黙って帰ってしまった。
自分のポケバイが欲しいと頼む翔太に、ママは買ってあげるためには
「門限など色々な約束を守り、テストでは90点以上を取ること」を条件にした。

拓郎がイギリスに去る。
その事で翔太を恨んだ加奈は、翌日に算数のテストがある翔太を、二時間耐久レースに連れていった。
加奈と二人で交互に乗るレースで、翔太はピット・インを忘れ、ガス欠。
何とか加奈につないだが、雨が降ってきた。
マシンを愛するのは、遅く走ることではなく、マシンの限界を身体で感じて、そのギリギリで速く走ること。
翔太は限界であった膝にガムテープを貼って、ニー・ブレーキでタイムを稼ぐが……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009863
ファイル名/ファイル容量
BJ009863.zip / 55.75MB (58458751Byte)

おれのサーキット 3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おれのサーキット 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件