電子書籍 > グループ・ゼロ > 緑山高校 9

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年07月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数172
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

凄まじい二階堂の剛速球。スピード・ガンは何と178キロを示した。
だが岬田のクロスファイアー・ボールは、途中で消えてしまう魔球である。

犬島が激打するが、自分の打撃に酔いしれて走るのを忘れ、1塁アウトとなった。
そして両者譲らぬ投手戦となる。

左打者の二階堂には、ボールが消えずに見えたと聞いて、花岡も左打席に立つたが、打てなかった。
まやかしではなく、鋭い切れがボールを消えたように見せていたのだ。

岬田は相棒の海豊をも打ち取れる球を編み出すために、1年を費やしていた。
5回を終わって、0対0の同点が続く…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ007060
ファイル名/ファイル容量
BJ007060.zip / 38.02MB (39866379Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「緑山高校 9」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件