電子書籍 > グループ・ゼロ > 鉄門海上人伝 下巻 2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年04月27日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数190
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

川越の町で遊女となっていた志乃と再会した鉄は、楼主と懸け合い彼女を解放する。
鉄の行脚の邪魔になるからと去った志乃に、幸せな結婚を祈る鉄。
そして行脚を続ける鉄は、加茂峠の峻険な山道が多くの死者を出していることを知り、固い岩山にトンネルを掘り始めた。

たった一人で硬い岩盤を掘り進めて行く鉄の元に、
鉄のために両親を失い、幼い頃から艱難辛苦を重ねてきた座間新太郎が、復讐に燃えて現れる。
そして学問を重ね自立した志乃が…。

復讐を諦める新太郎。遂に叶わなかった恋に殉じた志乃。
恩讐の彼方に、鉄は何を見たのか?

即身成仏を遂げた鉄の懐には、志乃の櫛が抱かれていた…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ005724
ファイル名/ファイル容量
BJ005724.zip / 56.75MB (59503695Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鉄門海上人伝 下巻 2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件