電子書籍 > グループ・ゼロ > 柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯3

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年07月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数173
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

講道館は麹町富士見町時代に入る。
血のにじむような稽古と技の研究に明け暮れていた道場生に、
明治19年嘉納から警視庁武術大会への参加が発表される。

柔道が初めて、天下衆目の前で柔術と戦うときが来たのだ!

この大会で柔術を制した講道館柔道は、揺るぎなき地位を確立する。
嘉納は講道館・嘉納塾を率いる一方、学習院教頭という公務においても教育者としての情熱を傾けた。

明治22年には、教育事情調査のため1年以上に渡って、ヨーロッパ各地を外遊する。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ005135
ファイル名/ファイル容量
BJ005135.zip / 29.11MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件