電子書籍 > グループ・ゼロ > 海猫亭へようこそ9

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年09月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数203
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

加賀を追うヤクザの蛭沼に、譲太郎がついて来ていた。

涼二と羽純をコンサートに招待した凪子は、円城寺に逢いに海猫島に渡る。
途中の列車で加賀に会うが、凪子は金を渡して二度と私の前に現れるなと釘を刺した。

ラーメン屋の下働きをしている円城寺は、余命半年の身。
見つかった加賀を庇った涼二が蛭沼に刺されようとした時、割って入って傷を負った。

譲太郎は蛭沼をぶちのめし、警察に加賀と蛭沼は捕らえられる。

死んだ円城寺に遺骨を、遺言どおりオホーツクの海に撒く涼二。

料理評論家の鰐口の娘・薫子がやって来て、丁度酒造をやっている実家の父が倒れた羽純に代わって
店を手伝うことになった。

羽純に想いを抱く杜氏の蔵人が、海猫島まで押しかけてくるが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ005087
ファイル名/ファイル容量
BJ005087.zip / 36.17MB (37926809Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「海猫亭へようこそ9」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件