電子書籍 > グループ・ゼロ > 星の数だけ抱きしめて5

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年01月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数201
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

最終巻。

目覚めた星太郎は、華月を振り切ってホテルを出た。
綺羅羅の大切さを痛感した星太郎は、遂に綺羅羅とベッド・イン。初めて結ばれる。

華月は決まっていた婚約者と結婚することになった。

卒業が間近になり、職探しに勤しむ星太郎だったが、なかなか決まらない。
やっと出版社の下請けの編集プロダクションに就職するが、危うく大チョンボをしでかす所だった。
綺羅羅のほうはビデオ店に、バイトから社員として勤めることになる。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ005075
ファイル名/ファイル容量
BJ005075.zip / 38.73MB (40608653Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「星の数だけ抱きしめて5」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!『処女喪失』した翌朝の、綺羅羅のぎこちない歩き方に興奮

2011年07月04日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

自分がこの本を読んだのは、1994年ですから、もう17年も前の作品です。しかし、「古臭くて面白くない」、などということはありません。今読んでも面白い、と断言できます。
 また、この作品は、ラブコメではなくエロ系ラブコメということでエロシーンが盛り込まれているわけですが、ついにこの5巻(最終巻)において、ついに主人公・星太郎とヒロイン・綺羅羅はSEX。もちろん童貞×処女です。

 しかし、このHappy ENDにいたるまでに山あり谷ありです。学園を卒業したらすぐに就職するつもりの星太郎は、就職活動に勤しまねばなりません。「就職」=「生活の糧を得る」という問題だけでなく、2人にそれぞれ、近づく異性との関係でややこしいことになります。星太郎に思いを寄せる女の子と偶然の結果ラブホテルにいくことになってしまったり、綺羅羅はバイト先の店員と親しくなり、その仲を星太郎に邪推され、気持ちがすれ違ってしまったり。

 けれども、ついに2人は結ばれ、綺羅羅は処女喪失。しかし、これで終わりではありません。2人とも、まだ学園を卒業していない男子校生・女子校生であるため、翌朝には登校しなければなりません。この登校時、周囲の人が見て不審に思うくらい、綺羅羅がぎこちなく歩きます。その理由は、処女を失ってからまだ一晩しか経っていなくて、まだ星太郎が入っているかのような感覚を残しつつ、処女膜が破れた痛みがひかないからですw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]