電子書籍 > グループ・ゼロ > 女帝花舞20

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年06月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数199
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

好意を持った左近と、再び‘ご飯たべ’の約束をする明日香。
康平は、とうとう豆千代を抱いた。

左近とドライブに出た明日香は、雨に降られて飛び込んだ旅館で強引に犯されてしまう。
後日、三千歳を座敷に呼んだ征四郎と左近は、明日香にプライドを傷つけられた腹いせに仕組んだことだと話した。
左近が明日香をモノにして、振ってやろうという企みである。

そこで三千歳は明日香と武士の関係も聞き、そのことを板東に教えてしまう。

一方、明日香は久しぶりに武士に逢い、激しく愛し合った。
本城組の組長は死に、武士が本城組二代目を襲名した。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004918
ファイル名/ファイル容量
BJ004918.zip / 42.01MB (44050864Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女帝花舞20」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件