電子書籍 > グループ・ゼロ > 家族のオキテ3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年04月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数181
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

最終巻。

聖人が殺してしまった相手の母が、もう自分を責めないでと言ってくれた。
これで解放されたと思った聖人だったが、ずっと懐いてくれていた美晴の妹・美琴が車に轢かれそうになって、
救おうとして自分が撥ねられてしまう。聖人を見捨てていた吉永家を罵る福介。
だがとうとう病院にやってきた聖人の父は、自分のために生きてくれと聖人に詫びた。

深町家のみんながもう独立できると安心した時、美子がひったくりに遭って大怪我をしてしまう。
犯人は純平の同級生・原田だった。純平は身体を張って原田に自首するよう説得する。
病床の美子に,土下座して謝る原田。皆前を向いて歩き、それぞれに生き甲斐を見出していくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004858
ファイル名/ファイル容量
BJ004858.zip / 41.43MB (43442797Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「家族のオキテ3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件