電子書籍 > グループ・ゼロ > 家族のオキテ2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年04月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数180
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

親に水につけられて殺されそうになったトラウマがあるため、溺れていた子供を助けにいけなかった福介。
ヤクザの黒崎が子供を救い、福介の家へ。そこで会った少年課の刑事・初川に疑られるが、美子は福介を信じた。
そんな美子の懐へ飛び込めと諭す黒崎。福介は初めて、美子を母ちゃんと呼んだ。

家を建てている大工の仕事をじっと見ていた福介は、落下した大工を受け止める。
棟梁に見込まれて大工の修業を始めた。聖人が不良たちから恐喝されている老人を救ったことで、報復に美晴がさらわれる。
助けに行った福介たちは多数相手に大暴れし、聖人は不良の頭を殺しそうになった。
実は人を殺してしまった過去を持っていたのだ。ショックを受けた美晴だったが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004857
ファイル名/ファイル容量
BJ004857.zip / 40.1MB (42043157Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「家族のオキテ2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件