電子書籍 > グループ・ゼロ > 家族のオキテ1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年11月30日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数183
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

両親が長期出張で渡米し、憧れの独り暮らしが出来ることになった祈純平15歳。
それに下宿先は、15年間片思いだった、同い年でいとこの深町美晴の家!

ところが出てきて早々、丸美屋福介というとてつもない不良に捕まってしまった。
街の不良を危うく殺しそうになった福介は、警官に連行されようとする。
そこへ福介の母と名乗って現れたのが、保護司の深町美子。美晴の母だった。

福介と同居することになってしまった順平。
おまけに家庭裁判所から委託された名古屋金一、吉永聖人、佐藤宏彦らの不良少年も一緒である。

それでも福介は、車に置き去りにされた赤ん坊を助けたり、レストランの見習いに励む実直なところを見せる。
純平と福介の自分探しの旅は…?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004856
ファイル名/ファイル容量
BJ004856.zip / 66.76MB (70005946Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「家族のオキテ1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件